ミソジ女子、パリ再び。

f:id:misojo:20190121063843j:plain

Bonsoir!
昨日、無事にフランスに入国致しました。タイでトランジットしたんですが、むちゃくちゃ暑くて(20度くらい)極暖ヒートテック&ニットだったもので汗だくで2時間過ごしました。忘れてた、亜熱帯気候…。
そして合計18時間のフライトを経て1年ぶり、4度目のフランスです。寒い。
先週までちょっと暖かかったそうなんですが今週から激寒だそうで。郊外はうっすらですが雪積もってました。

初めてのRER B線

そうそう、今回は初めてRER B線に乗って市内まで出てきたんです。
これまではRoissy Busしか使ったことなかったんですが、滞在先の最寄りがLes Hallsだったので。
パリの観光ブログとか、ググったりしてもRER B線については良い噂をほとんど見なかったので笑、かなりおっかなびっくりだったんですが、実際乗ってみたら拍子抜けするくらい何でもなかったです。
私は9時頃CDG発の急行に乗れたのですが、電車自体も新しくなったのか車内もとっても綺麗でしたし旅行客もそこそこ乗っているので危ない雰囲気は全く感じませんでした。
ちなみにLes Hallsまでの急行の停車駅はCDGのTerminal3、Parc des Expositions、Gare du Nordだけでした。乗車時間も30分強で座席も余裕で座れるくらい空いていたし、今まで敬遠してたの勿体無かったな〜と思ったり。

もしかして朝が空いているだけかも?とも思いましたが今日別件で再びB線に乗りましたが15時過ぎにCDG行き(急行)に乗ったときも、帰り19時頃(各駅)に乗ったときも座れましたし特に危険な雰囲気は感じませんでした。

ただ、帰りについてはイベント帰り(次のブログで書きます!)のお客さんでごった返していたので普段の雰囲気とは違うかも、とは思いました。

でもいずれにせよ、ちょっとネット情報で敬遠し過ぎていたなぁという感想です。
今度からは利便性が合えばどんどん使いたいです。

ワタリドリ生活始まる。

そして無事に市内まで辿り着いた私ですが。今回は色〜んなアパルトマンを転々としながらのワタリドリ生活が待っております。到着当日も仮眠用にLes Halls近くのアパルトマンにちょっとだけ滞在して、そのあと9区のアパルトマンに移動しました。来週にはまた別のアパルトマンに移動します。

お、落ち着かない…笑

でもそんなパリのあちらこちらに住む体験なんて出来るもんじゃないと思うので楽しみたいな〜という思いももちろんありつつ。だってまだ二日目ですが、すでに9区楽しい。可愛いカフェもあるし、ケバブ屋のおっちゃんもチャーミングだった。
明後日には移動かと思うとちょっと寂しい。

なので、この2ヶ月間でなるべく色んなアパルトマンに泊まって、それぞれの街の雰囲気や治安なんかも見て、学んで、また記事でお伝えしていきたいと思います。

住まい探しに治安情報は必須ですもんね。

ワタリドリ生活が渡仏希望者の方々の情報提供元に慣れれば幸いです。

 

次回は上述のイベントについて書きたいと思います。

à très bien tôt!

 

 

Meilleurs Vœux pour 2019 !

f:id:misojo:20190117115853j:plain

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
昨年は更新のまちまちなこのブログをご覧くださいありがとうございました。
コメントを頂くこともあって、少しでもワーホリに行かれる方や留学される方の参考になっていたかと思うと一年半続けてみて良かったと嬉しく思いました。

帰国後はなかなかフランスに纏わる出来事がなくて、専ら近況報告や継続している勉強方法についての内容ばかりになってしまいました。

今年は年始の2ヶ月がまたまたパリでの生活となります。
新たな気持ちで、というほど意気込んでいるわけではないのですがサイトTOPの写真とブログタイトルを変更しました。もうギリホリもパリ暮らしでもないもんね。

またパリに着いて良い写真が撮れたら切り替えたいと思います。
というかこのブログを書いているのが1/17ですので、明日の夕方にはお空の上。
1/19の早朝にはパリに到着しています。

短い期間でどんな体験をしようか、今からワクワクしています。
今回の渡仏はお仕事&友人の結婚式がメインになるので基本的にはパリにずーっといるつもりですが、また日帰りで近郊都市に行ったり少し足を伸ばしてスペインあたりに行けたらいいな〜とぼんやり考えています。

その際にはまたブログやトリップノートで記事にしますので楽しみにお待ち頂けると嬉しいです。

 

出発前日、荷造りの8割を終えて。
ふっと息を吐きながら。

à très bien tôt !

 

 

2018年書き納め。

Bonjour !

クリスマスが過ぎ、世間は年末への賑わいが高まってきていますね。寒さもどんどん厳しくなって冬らしさが戻ってきた気がします。

師走の始まりは今年の一年の厄落としか?とも思える風邪との戦いから幕を開けました。そんな体調絶不調な中の東京出張。前日入りしてパリで出会った友人と夕食。彼女オススメの美味しいビストロに連れて行ってもらったというのに私は体調が良くないせいで一杯も飲めず…。むちゃくちゃ悔しかった!
でもお料理はとても美味しかったです。店員さんはみんな日本人だけどオーダーはフランス語でやりとりしてた^^

全席カウンターで、ホールのスタッフさんも気さくな感じで居心地良かったです。
bouchonogasawara.favy.jp

 

翌日からは仕事相手の宿泊先のこちらでミーティングしつつお仕事を。

trunk-hotel.com

ロビーがカフェバーになっているのでドリンクを頼めば電源やWifiも使わせてもらえます。
横長テーブル以外にもテーブル席やソファ席もあってミーティングで使っているお客さんも多く見られました。お部屋も覗かせてもらったんですがシンプルで可愛かったです。

ゲストは外国人もかなり多いようでドアマンは外国人スタッフでした。レセプションやBARのスタッフ達も英語ペラペラでしたね…かっこいい…

お仕事の後はそのままお食事会へ。これがまた結構スペシャルな会で、私ごときがここにいて良いのだろうか?と思うほどすごい方々とご一緒させてもらえちゃいました。

一生に何度あるかしら?な素敵な体験でした。久しぶりにフランス人のフランス語を聞いてちょっと懐かしかった笑。そしてまたまたご飯がとっても美味しかった。

www.cafecompany.co.jp

発酵唐揚げ美味し過ぎて2回頼みました…

東京にお住いの方、ぜひ行ってください。雰囲気も素敵だし、お酒も変わり種なカクテル?サワー?がありました。(体調不良により飲めてませんが)

 

あっという間の2泊3日の出張から戻ったら無理がたたったのか再び熱を出してダウン…1週間で2回も病院のお世話になってしまいました。これで1年の厄が落ちたと思うことにします。

12月中旬以降は比較的大人しく過ごし、日々お仕事に勤しんでました。数回お手伝い程度でカフェのアルバイトをしたのも楽しかったです。美味しそうなケーキや紅茶を眺めてたので、今度はお客さんとして行こうと今から帰国後の楽しみにしています。

クリスマスも家で大人しく過ごし、年末の忘年会も明日の1件のみ!という健康に配慮した年末になっています笑。

年始からは本格的に渡仏の準備を進めないといけないのですでに慌ただしくなりそう。
ちょっとずつ進めている準備については、また年明けにまとめて更新しますね。
短期滞在版・渡仏準備的な形になればいいかな。

帰国後はなかなかフランスに関する記事が書けていないにも関わらず、毎月500以上pvをつけて頂いて何だか申し訳ない気持ちでいっぱい…

来年は年始の2ヶ月だけとはなりますが、またフランスに行く機会に恵まれましたので現地での生活・空気・治安などお伝え出来たらいいなと思っています。

ささやかなブログですが、拝見してくださったみなさま本当にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。良いお年をお迎えくださいませ。

Bonnes fêtes et bon fin d'année !

ミソジパリ再び。〜今度は2ヶ月だけ〜

Bonjour !

朝晩の冷え込みがきつくなってしましたね〜。
山間部に住んでいるのでもう掛け布団を出してしまいました…。
パリにいるときはシーツの下に厚手のブランケットを敷いて、布団の上にも更にブランケット敷いて寝てました。

羽毛布団と変わらぬ温かさだったけど、重かったなぁ…日本の軽い羽毛布団最高です。

そんなことはどうでも良い。

今日は嬉しいことがありました。
タイトルにも書いてますが、再びパリに行くことになりました〜。
現地でとってもお世話になった学生時代の友人の結婚式(日仏カップル)にお呼ばれしまして^^
3月に式があるのですが、そのことを今のオーナーに相談してみたところ「じゃあもっと早く来てこっちで仕事したら?」とのことで。

そんなお誘いを頂けた日には、行くしかない。

即航空券を手配し直し、1月中旬から1年振りの渡仏が決まりました。
なんかワーホリの時も1/17出発だったし、1月中旬になるとフランスが呼んでくれるようです。(単に航空券が安い時期だからとも言う)
今回はノービザ。満2ヶ月の滞在になります。滞在先は自社のアパルトマンの空室を移動しながらになるのですが、それはそれでパリの色んな地区に住めて楽しそう。
次回家探しするときの参考にしようと思ってます。

現地に住んでる友人に会うのも楽しみだし、1年振りの現地フランス語をどこまで理解出来るようになってるのかも楽しみ。珍しく年越しが楽しみになっています^^

またしても極寒の時期の渡仏なので、それだけがちょっと怖いですが…。
本当はちょっと遠出してシャルトルとか行きたいけど友人曰く死ぬほど寒いらしい…。
貼るカイロたくさん持って行こう。

それから2月には大好きなSalon de Vinもあるので絶対にワイン買い込んで帰って来ます…!1月〜3月はルーヴルや凱旋門も第一日曜日は無料開放だし、楽しみがいっぱいな滞在になりそうです。

1年振りの滞在で感じたこと、新しい発見もたくさん出来たらいいな。
友人の結婚式ではなんと立会人に指名してもらったので、そのことについても絶対書きたいと思います^^

 

取り急ぎのご報告でした。

Bonne soirée !

 

【tripnote更新!】アルザス地方のクリスマスのお話

Bonjour!

ちょっとお久しぶりのtrip noteさん更新です。今回は1年あっためていたアルザス地方のクリスマスマーケットを紹介しています。

tripnote.jp

 

ほんと夢に国でした。メルヘン、ロマンティック、ファンタジー・・・とにかく日本では絶対お目にかかれない本場のクリスマスを心ゆくまで堪能しました。(めちゃくちゃ寒かったけど)

クリスマスシーズンだけじゃなく、春になると青空のもと色とりどりの花に彩られた町並みが楽しめるようなので、私もいつか再訪したいなと思ってます。

写真もたくさん載せたのでぜひ見てください^^絶対行きたくなりますよ〜〜〜。

 

記事ウラ話

ここからは記事には書いてない、個人的なウラ話。
ワーホリに行く!と決めたときからストラスブールコルマールには絶対に行こうと思っていました。なんてったってストラスブールはフランスで一番大きなクリスマスマーケットが開催される都市だし、コルマールは『ハウルの動く城』のモデルになった街でし、ジブリを観て育った私にはは聖地のような場所なわけです。
そりゃぁ行くでしょ。

1月に渡仏してから11ヶ月目の出来事です。パリに住んで以降、日帰りの一人旅をちょこちょこしていたので一人旅には全く抵抗がなく、意気揚々とクリスマスシーズンのアルザス地方に乗り込みました!

TGVでGare de l'estから乗り換えを経て2時間半、まずはコルマールに到着!
町並みの可愛いこと可愛いこと。もうシャッター切る手が止まりません。だってずーーーーーーーーーーーっと町並みが可愛いんですもん。しかも憧れの聖地。一人旅なのに「わー!」とか「可愛い!」を連呼してました。感情を抑えきれなくて・・・

9時前に到着していたのでまだマーケットも開いておらず、何より想像以上に寒かったのでパン屋さんに入ってコーヒーとパンで暖を取る。極暖ヒートテックを始め、可能な限り防寒してきたのに圧倒的に寒さが勝っていた・・・恐るべしアルザス地方。パリより全然寒かった。

1日中歩きまくり、夕方には電車でストラスブールへ。乗車時間は15分くらいだったかな?

コルマールはクラシックな駅舎がとても素敵だったんだけど、ストラスブールはやはり主要駅ということもあって近代的!全然雰囲気違ったな〜。お宿は得意のHotels.comで予約したホステルへ。

ここで大事件発生。パスポート持ってくるの忘れた。

それもフロントでレセプションの人に聞かれるまで思い出しもしなかった。国内旅行のつもりだったからパスポートとかいらないと思ってた。そうか、私外国人だった!!!!
フランスに来て以来、最大級に「これはヤバイ」と思った瞬間でした。宿なしでストラスブールの夜を過ごすなんてありえない。絶対死ぬ。なんとか泊まれないかと「私フランス住んでるんだけど!予約した現住所フランスでしょ?」と鼻息荒く行ってみたけれど「でも日本人でしょ?」と返されては全く仰る通りで・・・。

どうしようどうしようと目の前で慌てふためく日本人を不憫に思ったのか「コピーとか画像でもいいよ」とアドバイスをくれるお兄さん。

しかしそこで私に記憶の神様が舞い降りました。
『そういえば最近、メールでパスポートのコピーを送付したぞ・・・?』
Gmailの履歴を鬼検索して無事画像を発見!!!お兄さんに「これでいい?」と画面を直接見せ、ホステルのアドレスに画像を送付して何とか受理されて無事チェックイン・・・

つ、疲れた。もう二度とパスポート忘れない、と心に誓った出来事でした。
あんなに冷や汗かいたの初めて。

お部屋は1泊60ユーロくらいだけど、バス・トイレ・ベッド・デスク・TVに簡易キッチンに冷蔵庫までついててかなり快適でした。駅からも徒歩10分くらいだったしお勧めです。

www.booking.com

 

街中までは歩いて10分くらいのところにあります。
到着日は夜だったので夕食を食べた後、イルミネーションを撮りがてらお散歩。旅行客のハイシーズンだからか、21時過ぎても結構街中に人も多かったです。
危なさそうな人もいなくて、女性に一人歩きでしたけど怖さは感じませんでした。
(もちろん明るい大通りしか歩いてません)

記事にも書きましたが、クレベール広場のクリスマスツリーは昼と夜で全然雰囲気が違うので、ぜひ夜にもみて欲しい!広場周辺の建物のライトアップも圧巻だし、ツリーの足元のイルミネーションもとっても可愛い。

ただ残念だったのは滞在中は2日とも薄曇り〜小雨だったこと。フランスの秋冬はほとんど晴れる日がないので仕方がないのだけど、出来れば晴天で写したかったな。

クリスマスシーズンにストラスブールへ旅行を検討の方は防寒対策だけはしっかりしてくださいね。小雨で屋外のマルシェ、正直結構辛いです笑

適度にホットドリンクやカフェで体を休めて楽しい旅行にしてくださいね^^

街の写真やグルメ紹介はぜひとも記事をご参考ください!