ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

【trip note更新】クリニャンクール蚤の市オススメエリア!

Bonjour

トリップノートさんにてクリニャンクール蚤の市について書いた記事が公開されました。パリ最大規模の蚤の市で、2500以上のお店が並ぶ歴史ある蚤の市です。

 

tripnote.jp

高級ブランドのアンティークや、それこそ美術品…?!というレベルのシャンデリアや家具などもあって見て回るだけでも目の保養になります。

ランチタイムや夕方になるとオーナーたちがお店の前でご飯を食べたりワインを片手にお隣さんとアペロをし始めたりとなんとも自由な空気。

可愛いビーズやリボン、レースなどの手芸専門店やコーヒーミルの専門店、もちろん古着屋もたっくさんあって一日中いても飽きません。

15の地区に分けられていて、それぞれの地区で扱う商品に特徴があるので訪れる前には前もって目指すエリアを見つけておくと効率よく回れますよ^^

記事内ではオススメエリアを4つに厳選してご紹介しています♡

最後にはフランス語・英語表記ですがエリア全ての取り扱い商品を記載しているwebサイトも記載していますのでチェックして見てくださいね。

 

アリとキリギリスの5泊6日イタリア旅行〜最終日〜

 Bonsoir ! 

長く続いたアリとキリギリスのイタリア旅行もとうとう最終日です。
旅行行ってから何ヶ月経つの?という感じですが。
それでも写真を見ると興奮が蘇ります…!

misojo-giliholi.hatenablog.com

というわけでとうとう最終日!です!!

最終日はなんとアリが朝のバスで空港に向かわなければならず、ホテルからまずはテルミニ駅の空港とのシャトルバス乗り場へお見送り。
結構早くバス停に着いたので一本早いバスに乗れないかな〜と交渉して見ましたが、予約している時間のバスにしか乗れないそうで。

ちなみにテルミニ駅には数社の空港行きバスのバス停があり、またそれが数mおきにあるもんだから周辺は大きなリュックやスーツケースを持ったお客さんでごった返していました。

私たちが利用したバス会社はバス停に看板を出していなかったのでちょっとわかりづらかった。事前にバス停の場所のmapはメールで送られていましたので無事乗車出来ましたけどね。

さて、アリと会うのもまた半年後。半年会わないというのに彼女がバスの座席に着いた途端出発する私笑。バスが発車するまで15分もあるんだもん。待ってらんない。笑
バスに無事に乗せた時点で私のガイドは終了です!

私には今日中に行かなくちゃ行けないコースがあるから〜!

サヨナラ妹、また来年!!^^

天使と悪魔ロケ地・聖地巡礼

ダン・ブラウンのラングドンシリーズが大好きで!といっても宗教にも美術にも聡くはないので完全にミーハーなファンなのですが…ローマは三度目、初めて来たときから行きたい行きたい!と思っていたものサンピエトロ大聖堂とサンタンジェロ城以外は行けていなくて。

まず訪れたのはサンタマリアヴィットリア教会。
そんなに遠くないし、天気も良いし歩いて行ってみました。
一応最寄駅はレプブリカ駅のようです。

ということでレプブリカ広場もバッチリ眺められました。
朝早かったから全然人がいなかった!

f:id:misojo:20171026065053j:plain

サンタ・マリア・ヴィットーリア教会

さて、早速到着です。広場からは本当にあっという間。

f:id:misojo:20171026065042j:plain

教会自体は大きくないです。中に入って正面に祭壇があって、その左側、コルナロ礼拝堂にベルニーニ作聖テレジアの法悦があります。正直、太陽の位置の関係で暗くて全っ然見えなかった…。

なんですが、礼拝堂の隅っこに「lumiére 1€」と書いてある箱が…え、まさか?

と首を傾げているとちょうど他の観光客の人がコインを入れてくれた!すると…

電気点いた〜!

f:id:misojo:20171026063859j:plain

聖テレジアの法悦

おかげさまでこの通りです笑。昔からあったのか、映画の影響で観光客が多いから新たに設置されたのかはわかりませんが、ありがたかった。おかげさまでくっきりと天使と聖テレジアの表情が見えました。

ただ、聖テレジアの法悦は彼女が雲に乗っている情景を描いているので少し高い位置にあるのです。だから上を向いているテレジアの表情を肉眼で見るのは結構厳しい…。この写真は頭の上にカメラを構えて撮影しました。

たっぷり写真を撮ってお次の目的地へ!

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

この教会、実は4年前の旅行でも訪れていたのですが、その時は修復工事中で肝心のキージ礼拝堂は見ることが叶わなかったのです…。満を辞しての再チャレンジです。

レプブリカ駅からメトロに乗ってフラミニオ駅で徒歩3分!

f:id:misojo:20171026063932j:plain

最初に訪れたサンタ・マリア・ヴィットーリア協会よりさらに一回り小さな佇まい。

ですが内装はとっても優雅で美しかった。

f:id:misojo:20171026064136j:plain

教会内の礼拝堂ではラファエロやカラヴァッジォらの作品も見ることが出来ますよ!

そしてこちらが私のメイン、キージ礼拝堂。

f:id:misojo:20171026064114j:plain

キージ礼拝堂

礼拝堂の足元には、ラングドン教授が地下墓地へ降りて行く入口となった悪魔のレリーフもありました。

f:id:misojo:20171026064229j:plain

f:id:misojo:20171026064233j:plain

ハバククと天使

聖テレジアの法悦と違い、かなり近い距離まで近いで眺めることが可能です。

でも…でも…天使の指折れてる…!その指をさす方向が大事だったのでは?笑
となったけど、それでも見られて満足です。

教会の横はダヴィンチ博物館なるものが建っていて、ちょっと興味があったのですが時間的に余裕がなかったので今回は断念しました。

さて、ここから先は前日に訪れた聖地です^^

サンピエトロ広場

ここにあるのは“風”のレリーフですね。
昨日大聖堂を訪れた後、広場をぐるぐる回りながら探しました笑

歴代の王様達に見下ろされて(笑われながら?)広場を歩き回るアジア人は滑稽に映っていたんだろうなぁ〜。

f:id:misojo:20171026063233j:plain

f:id:misojo:20171026063313j:plain

ベルニーニ作 ウェストポネンテ

肺に穴開けられて死ぬのは嫌だなぁ…と作品のシーンを思い出してしまいました。

そうそう、バチカンといえば『天使と悪魔』の製作にあたり市国内での撮影を許可しなかったようで、撮影の際はLAの駐車場に巨大なオープンセットを二つも作ってしまったのだそう。

駐車場の広さは20エーカー!
でも日本人にはエーカーという単位はあまりピンときませんよね?
㎡に直してみたところ、なんと80,937.13㎡もあるんだそうで。
広すぎて意味わからない。アメリカすごいわ…そんな土地持ってるオーナーがいることにも衝撃ですね。

サンタンジェロ城

サンピエトロ大聖堂から目と鼻の先にあるサンタンジェロ城はもともと皇帝の霊廟として建設されましたが、その後牢獄や教皇の避難場所としても使われていたお城なんだそうです。

着いた時間が遅かったので今回は外観だけ。
城の最上部には剣を納める天使の像が。時の教皇が城の上で剣を鞘に納める天使の姿を見てペストの終焉を予見したことに由来しているんだそうです。

作品の中では教皇達が囚われていた牢獄として登場しますね。

f:id:misojo:20171026063424j:plain

f:id:misojo:20171026063533j:plain

サンタンジェロ橋にはベルニーニが作った二体を含む10体の天使像が並びます。
サンピエトロ大聖堂とサンタンジェロ城はローマに来たら絶対立ち寄ってしまう…。

ナヴォーナ広場

こちらはローマ初日の最後に訪れました。ナヴォーナ広場には映画に登場した四大河の噴水、ネプチューンの噴水、ムーア人の噴水の計3つの噴水があります。

広場の中央にあるのがベルニーニ作四大河の噴水です。この作品、とにかく大きい!
全然カメラにおさまらなかった!笑

f:id:misojo:20171026063511j:plain

よく見ると一番上に平和の象徴、鳩がいますね…!

f:id:misojo:20171026063540j:plain

四大河の噴水は、タイトルの通り四大河(ガンジス、ナイル、ドナウ、ラプラタ)を擬人化させた彫像。河を擬人化ってすごいですね。そういう概念がこの頃からあったのかと違う意味で驚き…。

f:id:misojo:20171026063811j:plain

見るからに冷たそう…こんなのに沈められたら死んじゃいますよね…。
ちなみにこのシーンの撮影も例の駐車場にセットを建てて撮影したんですって。
四大河の噴水をセットで作っちゃうのがすごい。さすがハリウッド。

作中では犯人が直接この噴水のそばまで車を横付けしてましたけど、実際の広場は噴水と車道にかなり距離があるし、そもそも車が入れないようになっていました。

 

ということで聖地巡礼、終了です!欲を言えばシスティーナ礼拝堂にも行きたかったのですが予約制&時間がなくて行けなかった〜。また次回!(あるかな?)

イタリア旅行が決まってから映画も観直して気分は最高に盛り上がっていたので一人での巡礼もウッキウキでした笑

 

ちなみに最終日はサンタ・マリア・デル・ポポロ教会のあとコルソ通りをぶらりと歩いてスペイン広場まで行ったのですが、途中でとっても素敵な教会に出会いました。

サンティ・アンブロージョ・エ・カルロ・アル・コルソ聖堂

コルソ通りを歩いていたら不意に道が拓けて巨大な教会が出てくるので何の気なしに入って観たらすごかった…!

f:id:misojo:20171026090304j:plain

 

f:id:misojo:20171026090527j:plain

f:id:misojo:20171026090639j:plain

装飾に金を使っているそうで天井までの建物の高さもさることながら彫像、絵画、装飾と何もかもが豪華絢爛でお城のようでした…!
初めて聞いた名前の教会だし、日本のガイドブックとかには載ってないんじゃないかな?

スペイン広場

先ほどの聖堂を出て最終目的地スペイン広場へ。

f:id:misojo:20171026090506j:plain

予想はしていたけどさすがは超有名スポット。午前中なのに人、人、人!!!
気温もかなり高かったので座ってる人もみんな日陰に逃げていますね笑

でも来たからには上まで上がらないとね〜。

f:id:misojo:20171026090645j:plain

下の方にいる人たちがフィギュアのように見えちゃいます。
ここで思い出す映画がローマの休日だったらオシャレなのでしょうが、私が思い出したのはまたしても『アマルフィ〜女神の報酬〜』で「あ〜この通りで天海祐希がバッグひったくられてたなぁ…」と何とも物騒なシーンを思い出してました。

心なしか自らの鞄をぎゅっと握りしめていたような?笑

 

最後の目的地で無事写真も撮影し、
こうして私のイタリア旅行は締めくくりとなりました!

移動の多い旅ではありましたが、ソレントやナポリを宿泊地にしたことで日帰りで周辺都市にも足を伸ばせたのは良かった^^
ソレントは本当に良いところでした〜。自信を持ってオススメしたい!

春先にシチリアに行った時は全然英語が通じなかったのでどうなることかとちょっとヒヤヒヤしていましたが、今回は観光地ばかりの旅だったのでどの町でも英語で対応してもらえましたし、治安面での不安も全くなく過ごせました。

イタリア料理大好き、海大好きな私にはたまらない5日間でした♡

フランスに住んでるのに、イタリアの地方都市ばっかり巡っている私なのでした…。

 

長々駄文のばかり連ねてしまいましたが、お付き合いくださった方(いらっしゃいましたら)ありがとうございました。

これにてアリとキリギリスの5泊6日イタリア旅行編、完結です!^^

【trip note更新】第一日曜日が無料になる美術館

Bonjour !

この一週間は春のような暖かさだったり、かと思えば10度以上急に下がったりと風邪を引きやすいお天気でした。日本も同じく急に寒くなっているみたいですね!
何だかこのままあっという間に冬になってしまいそうで怖い…
寒いのは苦手なので早速デロンギをつけてしまいましたしamazonで冬用のもこもこ室内履きを買ってしまいましたよ。

 

さて、タイトルの通りトリップノートさんでの記事を更新いたしました。

今回は芸術の秋にふさわしく美術館特集!です。
パリには本当にたくさんの美術館がありますが、その中でも第一日曜日には入館料が無料になるところがあるのです!しかもその中には誰でも知っているような有名美術館も…!

tripnote.jp

冬季限定で無料になる美術館もありますからこれからのシーズンはますます活用して頂けると思います^^
無料になる日なんてめちゃくちゃ混むのでは…?と思われるでしょうが、どの美術館も実際訪れましたがほとんどの美術館は並ばずスムーズに入館出来たので本当にオススメです!(さすがに有名どころは多少並びました。でも20分くらいです)

観光で訪れていると滞在費、食事代、お土産代色々と出費がかさみますよね。
月に一度のチャンスではありますが、もし滞在時期と第一日曜日が重なっていればこの制度を利用して美術館巡りをする一日を作ってみてはいかがでしょうか♩

 

アリとキリギリスの5泊6日イタリア旅行〜五日目〜

Bonjour !
この記事を書いてからなんと一ヶ月近くも経ってしまいました…
本当にマメに更新するのが苦手…笑

misojo-giliholi.hatenablog.com

 

旅の目的地はとうとう最終地、ローマへ移動です!
初日と同じくトリニタリア鉄道で移動します。この鉄道本当に快適だったな…
ぶっちゃけSNCFより全然快適…

 

f:id:misojo:20171016214038j:plain

行きとは車両が違ったから?こんなサービスももらえました。

ローマ

ローマへは昼前に到着!ホテルはテルミニ駅から徒歩5分のところに取ってあったので先にチェックインを済ませ、いざ観光!…の前に腹ごなし♩

f:id:misojo:20171016214517j:plain

バチカンのすぐ近く!サンタンジェロ城から伸びる城壁からも近い路地で…♡

バカンス期間中の波はローマにも来ていて、お目当てのリストランテは閉店していたんですが、近くの雰囲気の良いお店でボンゴレカルボナーラをいただきました!

f:id:misojo:20171016214223j:plain

f:id:misojo:20171016214114j:plain

ローマといえばカルボナーラなんだそうな!(知らなかった)

南イタリアではもうここぞとばかりにトマトを満喫して来ていたので笑、オイルやクリームソースに何だか懐かしさを感じました。イタリア各地で感じていましたが、やはりバカンスシーズン、フランス人が多い!
たまたま隣のテーブルにフランス人のお客さんがやって来たのですが、店のマダムが普通にフランス語で接客し始めてびっくり。それだけ人の行き来があるってことですよね〜。同じ時期にスペインに行っていた友人もフランス人だらけだったと言っていたし。

サンピエトロ大聖堂

腹ごしらえの後はそこから歩いて5分ほどの場所にあるバチカン市国・サンピエトロ大聖堂へ!ローマは大学の卒業旅行で初めて訪れてから今回で3度目なのですが、何度来てもサンピエトロ大聖堂だけは必ず訪れます。見る度に美しくて、彫刻、天井画、祭壇、小聖堂などいちいち足を止めてしまいますね。

バカンス中ということもあって入場までに30分くらい並んだでしょうか。セキュリティチェックの場所から広場をぐるっと半周するくらい行列が出来ていたのですが、バチカンはいつもこんな感じですので、列の長さの割には早く入れると思います。
そしてバチカンキリスト教の総本山、世界中から信者が来られていますので夏場の訪問は特に注意が必要です。

肩出し、脚出しは厳禁ですよ!ビーチサンダルのようなかかとにストラップがない履物もダメです!

これらに該当する服装をしていたら入場を断られる可能性もあります。

f:id:misojo:20171018074011j:plain

途中までエレベーターに乗って、そこからはぐるぐるとドゥオモ内部の螺旋階段を目が回るが如く延々上り詰め、とうとうてっぺん!晴れててよかったー!美しい!

 

f:id:misojo:20171018075712j:plain

ドゥオモの内部の螺旋階段を超えた先には絶景が待ってます!

正面左手にはサンタンジェロ城が写っていますね。写真には写っていませんが、広場右手奥にはエマヌエル二世記念堂も見えるのですよ。パリと同じく高層ビルがほとんどないのでドゥオモからはローマをほぼ一望出来ます!汗かいてでも登るべき!笑

f:id:misojo:20171018074547j:plain
f:id:misojo:20171018074352j:plain
左:教皇庁のお庭 右:大聖堂正面に並ぶ歴代の王たち

そしていよいよ内部へ。今まで見た中で聖堂内が一番美しく見える時間に入ったかも…

f:id:misojo:20171018074518j:plain

f:id:misojo:20171018074331j:plain

f:id:misojo:20171018074446j:plain

大聖堂内に西陽が射してとても幻想的でした。ちょうどミサが終わるところで司祭たちとすれ違う瞬間が。

そして今まで知らなかったのですが、サンピエトロ大聖堂って地下に入れるんですよ。常時開放はされていないのかな?たまたまミサを眺めていたときにふと目に入って近付いて見たら「入れるやん!」てなって降りたのですが。そちらには歴代教皇たちのお墓がありました。ちなみに撮影禁止だったので写真は一切撮れていないです。

大理石の床の上に何十もの棺が並んでいました。時代によって装飾が違ったり、もうほとんど朽ちていてお顔がわからないものもありましたが…英語がもうちょっとわかればなー!と悔やみながら説明文を読んでいました。涙。

サンピエトロ広場

大聖堂の目の前に広がるのはベルニーニが設計したサンピエトロ広場です。この広場といえばベルニーニポイントに立たなきゃですよね!ベルニーニポイントとは、広場の左右に一点ずつ配置された石の彫刻で、この上に立って聖堂を見るとある不思議な現象が起きるというのです…!

まずは普通に広場から聖堂を眺めてみましょう。

f:id:misojo:20171018074832j:plain

縦四列に並んだ大きな柱が並びます

柱の足元にいる人と比べるといかに巨大な柱かがわかります。
そして件のベルニーニポイントがこちら。

f:id:misojo:20171018074848j:plain

この石の上に立って柱を見てみると…

この上に立ったら準備万端!改めて顔を聖堂の方に向けてください。

f:id:misojo:20171018074855j:plain

四列に並んだはずの柱が全て重なって一本に!

ね??縦に四列あったはずの柱がこのポイントに立って見ると全てが綺麗に重なって一本の柱に見えるのです!あれだけの数の柱が一列に見えるように設計するって何者ですか巨匠ベルニーニ…

 

そうこうしているうちに時間も19時を過ぎ、(日が長いから気付かなかった笑)ナヴォーナ広場に行きがてらディナーにしよう!と近くのリストランテを検索したら評価の高いお店があったのでこちらにお邪魔しました^^

f:id:misojo:20171018074922j:plain

f:id:misojo:20171018074949j:plain

f:id:misojo:20171018075013j:plain

夕食はナヴォーナ広場近くのカジュアルなリストランテ

店員さんもすごく親切で感じが良かった♩牛のカルパッチョが絶品だった!海鮮ばっかり食べていた旅立ったので、久しぶりのお肉に興奮!笑
ミートパスタも美味しかったなぁ〜!このゴロゴロしたミートボールのパスタを見て『わんわん物語』のワンシーンを思い出しました^^陽気なおじさんがアコーディオン弾きながらベラノッテを歌ってくれるような気がしてきちゃう。

お腹いっぱい食べた後、この店のお向かいでいっぱいだけワインを頂き、ホテルに戻りました。

 

いよいよ次が最終日!でもまだまだ観光しますよー!

ではまた次回。

 

ミソジ女子、パリのクローゼット事情

Bonjour

夏があっという間に終わり、毎日毎日秋深まっていく感じがする今日この頃。
街を歩いていてもニットやコートのトルソーが目立ってきました。

とはいえ、物欲のままに服を買えるわけもなく…笑
フランスに来てからは特にシビアになっているので本当に「これ!」って思うものがないと買いません!

そんな私がパリに来てから買い物をしたショップと買ってないけど素敵♡って思ったお店をざっくりとご紹介〜

ファッション

KIABI

www.kiabi.com

フランス発祥のプチプラブランド!日本未上陸です。
デニム10€、ニット18€、ワンピースも20€など「やっす!!」の連呼です。

パリ市内にあんまり店舗がないのが悲しいところ。
私は労働許可証云々の件に郊外に行くことがあって、その時に買いました。
春先だったかな〜?それもリバティ柄のワンピースでしたが18€くらいでした。

デニムも伸縮効いてるものが多かったので階段やら芝生やらですぐ座るフランスの若者たちには楽で良いのかも?笑

ZARA

www.zara.com

日本でもお馴染みですね。実は日本にいた頃はZARAで一度も買い物をしたことがなかった私ですが、この夏はZARAでしか買い物しませんでした笑。

だって日本より安いんですもん!私の中でZARA=GAPの価格ゾーン(ファストファッションと言いつつ高いなぁ!と言う穿ったイメージ)だったんですが、こっちへ来てから日本でいうユニクロくらいの価格帯だなぁ〜と思うようになりました。

SOLDEだったのもありますが、Tシャツ5€、半袖ニット10€、リボンつきハイウェストボトム20€でした。安い〜♡

MANGO

japan.mango.com

スペイン発祥のブランドです。調べてみたら日本にも原宿に店舗がありました^^
せっかくなので日本のオンラインストアのサイト貼っておきます。

前述の二つに比べると少〜し価格帯高めでしょうか。
でもその分生地や縫製もしっかりしていてデザインもちょっぴり大人めです。

私は仕事用のジャケットをこちらで買いました。30€くらいだったなぁ?
シンプルなデザインだけど襟元にパイピングのリボンが入っていてちょっと可愛かったのでお気に入りでした^^

仕事辞めちゃったから今は悲しく部屋に吊るされてますが…笑

&Other Stories

www.stories.com

こちらはスウェーデン発のレディース向けブランド。H&Mグループ傘下のブランドのようです。ストックホルム・ロサンゼルス・パリにアトリエがあり各アトリエでデザインされた商品が店頭に並んでいます。

ここのステーショナリーがおしゃれで可愛い♡

ていうかここの店は本当に全部可愛い!全部ハイセンス!
正直パリに来て一番心踊ったお店!笑
まだ買い物したことないんですが、帰国までに買い物して帰りたいな〜と目論んでいます。

ニットやコート類で40€〜100€あたり、靴も50€〜100€前後で、アクセサリー類が特にリーズナブルで10€前後のものもたくさんありました。

日本ブランド

ちなみに日本で有名なユニクロや無印なんかもパリにはたくさんの店舗があるのですが、フランスでは勿論インポート扱いですのでお値段は少々お高め…。

ウルトラライトダウンなんかは大体2,000円強はプラスになっています。
日本から持って来てよかった…!

 

コスメ

LA ROCHE-POSAY

はい、在仏日本女子御用達ブランドの代名詞、ラロッシュポゼ。
御多分に洩れず私もお世話になっております!

もう日本でもお馴染みの人気の高いブランドですよね〜。
その中でも私がイチオシしたいのがこれ!!アイメイクリムーバー。
2層になっていて使う直前にシャカシャカ振って使います。

www.laroche-posay.fr

これがめちゃくちゃ綺麗に落ちる!

日本で使ってたソフティモのポイントメイクリムーバーと同等!

ソフティモ スーパー ポイントメイクアップリムーバー|洗顔・クレンジング|メイク落とし - コーセーコスメポート

全く滲みないし目に入っても痛くない♡
二本セットで買ったけど買い足し間違いないです。

 

www.laroche-posay.fr

これはフランスに来て初めて買った化粧用品。ティントクリームなんですが、私には合わなかったなぁ〜。最後にパウダーをのせてもすぐに浮いて来てしまって…。使い切りましたがリピートはないですね。

URIAGE

URIAGEは日本でマツキヨとかでリップ売ってるのは見たことありました。このブランドもスキンケアブランドなんですね〜。

こちらのブランドでお世話になっているのは普通〜乾燥肌用拭き取り用化粧水!

www.uriage.com

理由は簡単、同じサイズで他のブランドより安いから!笑
(筆者のシティファーマ調べ)

2本セットで13€!AveneやBIODERMAもありますが、ちょっぴり高いです。化粧品は肌質や合う合わないがあるので何とも言えませんが、混合肌の私はこの商品で特に肌荒れもしないし、むしろ拭き取った後ちょっと潤ってるくらいなので愛用しています。

旅行用サイズなんかも出ているので、イタリア旅行の時もお世話になりました。ミストタイプのスプレーなんかは化粧直しや乾燥してるな〜と思った時にシュシュっと出来て便利ですよ^^

www.newpharma.fr

KIKO

ミラノ発のコスメブランド。日本には未上陸だそうです〜。
こちらもプチプラで可愛いコスメがたくさんあります。

www.kikocosmetics.com

日本ではリップが人気なのかなぁ?マニキュアも安くて発色がいいと評判ですよ。
ルージュも安いものなら何と2€以下!
しかも今サイトをチェックしたらマスカラ全品3.95€になってた!!

 

終わり

ということで思いつくままに書いてみました、ミソジ女子クローゼット事情。
安物ばっかやないか!ってね。いいんです。高いものなんてシャンゼリゼでもサン=トノレでも行けば買えますもの。(買えない)

プチプラでも可愛いのたくさんあるよ♡という話でした。街中にある薬局でも今回あげたラロッシュポゼやURIAGEの他にもAveneやBIODERMAも当たり前のように売っているし、もちろん日本より倍くらい安いです。

ハンドクリームやリップクリーム、KIKOのルージュなんかはお土産にも絶対いいと思う!私もちょうど明日les hallsに行く予定があるのでKIKOに寄ってマスカラ見てこようと思います…!笑