ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

Dans la vie on ne regrette que ce qu'on n'a pas fait.

【お知らせ】ライター始めました。

Bonjour !

 

皆さま大変お久しぶりです。

毎度毎度ブログ更新が空いてしまって反省です…

今回は皆様にお知らせがありまして更新しております。

 

この度、トリップノートさん(https://tripnote.jp/)にて

記事を掲載して頂くことになりました。

フランスで暮らしていく中で知ったフランス事情、グルメやファッションは勿論、

この一年で旅していく国々の情報を発信していきます!

トリップノートでは国内外を問わず旅人ライターさんが実際に目で見て、

体験された情報が公開されているのでガイドブックでは載っていないような

マニアな?コアな?地域の情報や体験談も見ることが出来て

読んでいるだけで旅に出たくなる記事ばかり。

 

私の記事はまだまだ少ないのですがこちらからご覧頂けます。

https://tripnote.jp/writer/murasaki

 

※前回のシチリア旅行のブログの内容は次回、こちらの記事にて掲載予定ですので

前回のブログは削除させて頂きました。ブログでは記事にはしなかった旅のアレコレを

書いてみようと思います^^

 

 

一時労働許可証は必要?〜ワーホリ編〜

Bonjour !

5月になったというのにまだまだ肌寒い日の多いパリです。

昨日フランス大統領選挙の決選投票がありましたね。

皆様ご存知通りフランスの次期大統領はマニュエル・マクロン氏に決まりました。

私自身を含め、外国人としてフランスに滞在している人々はとりあえずホッとした、

というところではないでしょうか。

肌で感じて思ったことは選挙に対する国民の熱量。

パリ市内では各候補の支持者たちがメトロの駅前や広場などで

毎日積極的に広報活動を行っていました。

それこそ外国人である私にも何人もの支持者の方が声を掛けてくるのです。

「私には選挙権がないよ」と伝えても「知ってもらうだけでいいから」と。

街中も候補者のポスターで溢れていましたが、何がびっくりって大体のポスターが

ビリビリに破かれているんですよね…笑。

他の支持者が破っちゃうんでしょうけど…

日本の選挙活動ではなかなかお目にかかれない出来事でした。

1年間の滞在の間に大統領選挙が行われたことは貴重な体験だったなと思います。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが今回のテーマは「一時労働許可証」。

フランス語では"Autorisation Provisoire de Travail"ですね。

ワーホリで渡仏される方にとっては外せない話題かと思います。

「フランス ワーホリ 労働許可証」なんかで検索してみると

他のワーホリ経験者の方々のブログでもその経験談を伺うことが出来ます。

ただ日付を見るとやはり数年前のものが多く、

最新の情報かどうかわからないというのも事実…

そんな訳で今回は2017年5月現在の情報をお伝えします。

結論からお伝えすると、

ワーホリビザを所有している方は労働局で一時労働許可証を得る必要はありません。

 

はい、私もこれ本当に目から鱗でした…。

絶対いると思っていたし、何なら二回労働局行ったしさぁ…

労働許可証の取得の必要有無

じゃあ何でそもそも労働許可証が必要と思っていたのか?ということですが、

2016年度の在日フランス大使館サイトではワーキングホリデービザの特徴という箇所に

下記の記述があったのです。

  • 仕事が見つかった方は、速やかに所在県の労働管理局(Direction régionale des  Entreprises, de la Concurrence, de la Consommation, du Travail et de l’Emploi/ DIRECCTE)で、一時労働許可証(Autorisation Provisoire de Travail)を取得してください。この許可証は職種を問わず、契約書の期間に応じて、即時発行されます。

しかし2017年度のサイトからはこの記述は削除されています。 

2017年度ワーキングホリデービザ - La France au Japon

 

???となりますよね?私もなりました。

以下、私が許可証の取得が不要だと気付くまでの流れです笑。

 

私が渡仏したのは2017年1月、仕事を始めたのは2月のことでした。

それまではてっきり一時労働許可証を取得しなくてはいけないと思っており

雇用主にもお願いして雇用契約書を用意してもらい、

(その時に用意された契約書はCDI(無期雇用契約

意気揚々とパリの労働管理局@Aubervilliersに行きました。

※労働管理局への行き方とかも書こうと思ってましたが提出がいらないと聞いて

挫折しました…笑

初回は受付の人に「あなたのビザはワーホリだからCDIでは許可証出せないわ」と

言われ撃沈…つまり私は一年しかフランスにいないので無期限雇用契約書では

一時労働許可証は発行出来ない、ということなんですね。

ただ私は雇用主から以前にもワーホリの従業員がCDIで許可証もらっているから

大丈夫!と言われて送り出された+こっちの人は対応する人によって内容が違うことが

稀じゃないのでこの人だからダメなのかも!と思い、

日を改めて再チャレンジしてみました。

結果、担当者は違う人でしたが同じ理由で惨敗…笑

やはりワーホリビザではCDI契約では労働許可証はおりないみたい。

困った私は雇用主(日本人)に相談し、CDDの契約書で作り直してもらえないかと

お願いしてみたところ労務士から「そもそもワーホリビザで来ているなら労働許可が

出ているんだから一時労働許可証をもらう必要なくない?」との回答が来たとのこと。

 

もうこの辺りから私の頭はしっちゃかめっちゃか…ちょっと諦めが入って来ました。

労務士(フランス人)はどこまでワーホリ事情をわかっているのだろうか(失礼)とか

考えたり…そもそも今までほとんどのスタッフが許可証もらいに行ってないよとか

言っちゃうオーナーだったり…不安が過ぎる時期でした。

そこでフランス在住歴が長い友人に相談したところ、以下のサイトを紹介されました。

www.service-public.fr

ビザや許可証関連のわからないこと、大体ここに載ってました!

もちろん全文フランス語ですので理解が難しいところもあると思いますが、

我々は外国人ですのでトップページからまずはétrangerのページに飛んでください。

そして今回私が読んだのはこちら。

www.service-public.fr

 ここにはこのような記載があります。

日本語にするとニュージランド人、ロシア人以外のワーホリビザ所有者は

既に一時労働許可と同じ権利を有しているよ!とのことなのです。

 

それってつまり…?

労働管理局行かなくて良くない?

ということです。

あんだけ悩み抜いていた私の日々は何だったのか…悲しい。

在日フランス大使館から記載が消えていた時点で怪しむべきでした。

ていうか本当は大使館にもメールで問い合わせしたけど返信来なかったんだよね…

 

上記の理由から、結局私はそれ以降労働管理局には行っていません。

契約もCDIのままです。

色々なサイトで色々な情報が飛び交っているため

正直私も不安でいっぱいです。

何せ労働管理局の人は普通に一時労働許可証の対応しようとしましたしね。

ただとりあえずは政府管理の上記サイトの情報を信じることにします。

とはいえ間も無く政権が変わりますのでまた状況も変わってくるかもしれませんが。

 

取り急ぎ2017年5月現在の一時労働許可証についてお話ししました。

※学生ビザや就労ビザの方はまた違いますので参考にしないようにして下さいね。 

第一日曜日を楽しむ話。

Bonsoir ! 

 

今日は4月17日月曜日。

フランスではLundi de Pâquesと言って復活祭の翌日の月曜日で

国民の祝日なのです。いわゆるイースターというやつですね。

この時期はスーパーやパティスリーなんかにもエッグ型のチョコが

たくさん売られています。

(一人暮らしの私には縁がありませんでしたが笑)

もしかしてホームステイ先に子供がいたりしたら雰囲気を味わえたかも?

実はフランスに来て初めての祝日。お店とか閉まってるのかしら?と思いましたが

意外や意外、スーパーなんかも全然開いてました。

日曜はカフェ以外の大体のお店は閉まってシーンとしているけれど

祝日は関係なく開くんだね。お休みになるのは会社だけなのでしょうか。

 

さて、今日はそんな日曜日の過ごし方について。

前述の通り、日曜日は街中のお店はほとんど開いていないため

日本のようにショッピングを楽しむことは出来ません。

※昨年法律が変わり、BHVやGalerie Lafayette等大型店舗は日曜の営業も始まりました。

日曜日は家族と過ごす日、というのがフランスには昔からの習慣として存在します。

家で母親が手の込んだ料理を作りゆっくりとランチを楽しんだり、

今の時期なら公園でピクニックしたり。私も昔ホームステイをしていた頃は

日曜日の午前中にミサに行き、そのあとホストファミリーと別荘(!)に

行って彼らの親戚一同と遅めのお昼ご飯を食べたりということを頻繁にしていました。

では一人暮らしになった今、何をしているのか。

今回は特に月初め、第一日曜日についてお伝えしようと思います。

 

パリに滞在した方はほとんどの方がご存知かとは思いますが、

毎月第一日曜日はパリ市内のいくつかの美術館・博物館の入場料が無料となります。

jp.france.fr

リンク先を見て頂ければわかりますが

ざっと10ヶ所以上の美術館が無料で入場出来るのです。

そんなん…行くしかないでしょ!!!

 

というわけで幸い日曜日は私も仕事が休みなので

なるべくどこかの美術館に行くようにしています。

これまでにオルセーとピカソ美術館に行きました。

f:id:misojo:20170418074125j:plain

f:id:misojo:20170418074950j:plain

ルーブルと並んで超有名なオルセー美術館ですが、元駅舎だったということもあり

広さもちょうどよく、私はルーブルより実はオルセーの方が好きです。

ルーブルは迷子になる+広すぎて終わらない…)

とはいえルーブルもすでに3回行きましたが笑。ナポレオン1世の戴冠式が好きなの…

さて気を取り直してオルセー美術館といえば!やはりモネとゴッホは外せませんね。

(この二人の作品の前はさすがに人だかりがありました)

f:id:misojo:20170418075019j:plain

f:id:misojo:20170418075004j:plain

f:id:misojo:20170418074641j:plain

他にもセザンヌやミレー、ルノワール等美術音痴の私でも「知ってる!!」となる

作品がずらりと並びます。

人混みもルーブルほどではないので一作品ずつじっくり見られます。

f:id:misojo:20170418074614j:plain

セーヌ川の反対側にはルーブル美術館も見えます。

ここから見ても大きいな〜。

 

ピカソ美術館があるのはマレ地区にほど近いSaint-Sebastien-Froissart駅から

徒歩5分ほどの場所。門も少し奥まっていて建物自体そこまで大きくないので

ちょっとわかりにくいかも?

f:id:misojo:20170418080621j:plain

その名の通りピカソ作品を中心を展示している美術館です。

メインの通りからも少し離れているため混雑などはなく、

荷物チェックも待つことなく入館出来ました。

f:id:misojo:20170418080749j:plain

f:id:misojo:20170418080802j:plain

f:id:misojo:20170418080756j:plain

美術の教科書で見たことのあるピカソ氏ってすごい怖い顔してた気がするんだけど、

この写真、とっても素敵な笑顔で印象が変わりました。

こちらの美術館はピカソ氏のバイオグラフィーを追いながら展示が進んでいくんですが

夏に家族で海に行きましたという紹介文の後から始まる展示が

水着着てる女の子ばっかりでちょっと笑ってしまいました笑

f:id:misojo:20170418074224j:plain

3階建の美術館ですが1フロアがそこまで大きくないので

1、2時間で周れますよ^^

美術館の周りは日曜日でも開いているカフェがたくさんあるので

見学の後は近くのカフェでお茶をするのも良いんじゃないかと。

 

パリを訪れる際、第一日曜日を挟むようでしたら

ぜひ無料で入館できる美術館、足を運んでみてください〜!

ピクニックばっかりしています

Bonjour !

4月に入ってからパリはほとんど晴れ!

珍しいくらい晴れの日が続いてる上に気温も高い!

最高気温22度とか…ね?ピクニックしなきゃ!って気になりますよね?

ただでさえサマータイムが始まって日照時間が長くなっているこの時期。

もうね、時間を見つけては芝生に転がっています。

 

f:id:misojo:20170418004416j:plain

ある日は学校の授業が終わった後に友達とふらっとトロカデロへ…

エッフェル塔のフォトスポットとしても有名なシャイヨー宮横の階段を降りて行くと…

f:id:misojo:20170418013310j:plain

こんな感じで芝生があってみんなごろんと横になったり座ってお喋りしたりしてます。

エッフェル塔を臨んでピクニックなんて贅沢だな〜^^

f:id:misojo:20170418004441j:plain

これはまた別の日、ヴァンセンヌの森でのピクニック!

人生で初めてのケンタッキーのバーレル!!嬉しい!

30ピースあるんですが女子5人でほぼ全部食べきっちゃった。

それはさておき、パリの公園の土日は本当〜〜〜に人が多いです。

家族だったりカップルだったり友人だったり一人だったり、

「フェスでも始まるの?」というくらいの人の多さ。

それでも余裕でピクニック出来てしまう土地の大きさにも驚きですが笑。

ヴァンセンヌの森はポニーがいたりボートに乗れたり奥に遊園地があったりと

かなり広さがあるので一日中いても飽きません。

私たちもぼんやり日向ぼっこしながら話しているだけで5時間くらい経ってました。

 

それと結構びっくりだったのが、フランス人て芝生に自分のジャケットや

コートを敷いてその上に自分が座るんです。

シート的なものを敷く、なんて人はほとんどいません。

えっ草の汁的なものつかない?!濡れてない!?とかそんな心配はナイナイ。

何も敷かずにそのまま横になったりなんてこともよくある光景のようです。

残念ながら私にその勇気はなく、持参したビニール袋の上に座りましたが…笑

 

あとピクニックの際気をつけたいのがお手洗い。

フランスですもの、公園に無料トイレ、なんてものはありません。

あっても有料か、ないところの方が多いかと。

そんなわけでヴァンセンヌでのピクニックの時は入り口近くにあるカフェで

コーヒーを一杯頼んでお手洗いを借りました。

こういうところが日本と違ってちょっぴり不便を感じるところですね。

もうひとつ、あればいいなと思ったのは売店や公園近くのカフェのテイクアウト。

フランスでコーヒーってパン屋だったりカフェだったり割とどこでも買えるんですが

テイクアウトとなるとその数が激減します。

パン屋で買うコーヒーは割と量が少ない(偏見)し、

ドトールタリーズのようないわゆるチェーンのカフェがほとんどないんです。

唯一あるのがスターバックス

(ちなみにスタバのドリンクは日本よりサイズが大きいです)

大阪の靱公園横なんて土日はカフェが臨時で店の前にテーブル出して

テイクアウトのコーヒー売ってくれたりしてますしね。

これからの季節、ピクニックしながらもっと気軽にコーヒーが飲めたらいいのに〜と

思うコーヒー好きなのでした。

(意外とメニューに出してなくてもテイクアウト出来るお店もあるみたいなので

私が知らないだけかも知れませんが…)

 

21時頃ようやく暗くなるパリの4月、

晴れの日にはこれからもたくさんピクニックしようと思います!

 

Salon de vinに行った話

Bonjour !

 

月1更新になりつつある…

いいんです、自分の備忘録です。という言い訳です。

というわけで3月20日にSalon de vinに行ってきました!

フランス中のドメーヌが集まる、年に2回のワインの見本市!

チケットと引き換えにグラスをもらってそれぞれのドメーヌさんのブースへ行って

一杯あたり6€〜20€(ワインによって違います)をお支払いして

Dégustation(試飲)させてもらうという流れです。

会場もかなり広くて200を超えるドメーヌが所狭しとブースを設置しているため

お目当てのワインが決まっていないと相当迷います笑

私自身、ワインに詳しいわけもなくただ好きなだけですので

一緒に行ってくれた友人がいなければ延々悩んで買わずに終わっていた気がします。

f:id:misojo:20170418004358j:plain

 

こんな感じで各ブースにボードが建てられていてボード下部のカラーで

どこの地方なのかがわかる仕組み。

週末から三日間の開催だったのですが、私が行けたのは最終日の午後だったため

人気のワインはほとんど売り切れてしまっていました。(でも試飲はできる)

大体2時間くらいの滞在でぐるりと見て回り、5、6杯試飲したかな?

最終的には白ワインとスパークリングを購入しました^^

会場にはサンドイッチやパテ、チーズなどの食べ物も売っていて

飲食ブースが設けられているため試飲しながらお腹も満たせちゃうというシステム。

パテも美味しそうだったなぁ〜。

f:id:misojo:20170418004408j:plain

じゃ〜〜〜ん。

何かのイベントの時に飲もうと思ってまだ我が家の冷蔵庫で冷えております笑。

 

秋はPorte de versailleで開催!次回もできればお邪魔したい。

次行くときは帰国に向けたお土産も仕入れたいところです。

ちなみに会場でもらえたワイングラスですが、

帰宅直後に洗ってしまう際に棚に当てて粉砕しちゃいました…

思い出…笑

 

ということでワイン好きにはたまらない春のイベントでした^^