ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

帰国しました!

Bonjour!

やっぱりコンスタントに書けない。どうしてでしょうね。申し訳ありません。

 

そしてタイトルにもある通り、無事に一年間のワーホリ期間を終了し先日帰国いたしました!

長いようであっという間の一年でした。

小さな苦労はたくさんあれど大きなトラブルもなく楽しい思い出ばかりを積み重ねられたな〜と思います。

それというのもやはり現地で出会えた人に恵まれたからです。語学学校がアジア人が圧倒的に多い学校だったので日本人の友人もたくさん出来ました。

一生付き合っていきたいと思える友人ばかりと濃ゆ〜い関係を築けたと思っています。

フランス人や他の国の友人も出来て、スムーズではないけれど意思疎通をしながら関係を作っていく楽しさも知りました。

 

一年半前に四年半勤めた会社を退職することを決めたとき、不安でいっぱいでした。

フランスには住んでみたい、大学で勉強したこと忘れたくない。でも女性で三十歳で正社員雇用で働いているのにそれを捨ててまでフランスに行く理由があるのだろうか?

色んなことをグズグズ考えて動けなくなっていた私の背中を押してくれたのは、当時勤めていた会社の社長でした。

 

そんなもんダラダラしとらんとお前の中で答え出とるやろ。行ってこんかい」(原文ママ

 

はい、そのとおりでした。

私は自分の中で行きたい気持ちがあったのに不安な気持ちがあとからあとから押し寄せてきてネガティブな自分が「行ってどうするん?やめとけば?」と囁いてくるのが聞こえてました。

でも社長にそう言ってもらって、これはもう行かなあかんわ!と腹を括れました。

当時の社長には本当に感謝しています。そのおかげで私はフランスに一年暮らすことができたのですから。

 

そして帰国した今、ありがたいことにほんのちょっぴりですがフランスに関わる仕事をすることが出来ています。ワーホリに行かなかったら一生出会うことのなかった仕事です。

 

私にとってワーホリで過ごした一年は大げさですが人生を変える一年でした。

考え方、働き方、生き方、毎日が発見と驚きに満ちていました。楽しいことばかりではなかったけれど今までの価値観とは違う世界があるんだと知ることが出来たということが財産になったと思います。

 

海外に行こうか悩んでいる人には、私はぜひ行ってほしいと思います。無責任ですが行かなきゃわかんないことだらけです。

 

長〜く書いてしまいましたが、言いたいことはフランスめっちゃ楽しかった!!ということです。

一年間ありがとうパリ!必ず戻ってきます!

 
f:id:misojo:20180207200444j:image

À bientôt !!!