ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

バレエを観てきました!

Bonsoir !

実はいくつも書きたい出来事があるのですが、溜まり続けています…笑
あっという間に12月も終わろうとしていて、私のワーキングホリデー期間も残すところ約三週間となってしまいました。

夏、あった?と思ってしまうほどに日々が目まぐるしくて気が付けば明日はクリスマスイブじゃないですか…。仕事ですけど…。
だからというわけではないのですが、ふと思い立ってバレエを観に行ってきました!

欲を言えばやはりオペラ・ガルニエであの劇場の雰囲気を感じながら鑑賞したかったのですが、モダンバレエは私には難しそうだったので古典を上演しているオペラ・バスティーユに。

f:id:misojo:20171224072341j:plain

フランス革命200年を記念して着工が始まり、1990年にこけら落とし公演が行われた新しい劇場のため、内装も日本の芸術ホールなんかとあまり変わりません。
ただ、前の座席に被らないようになっていたり、段差を大きめに取っていたりとどの席からでも舞台が観えるようなので安いチケットを購入してもガルニエよりはちゃんと観れそうでした。(ガルニエは席によってはほとんど観えないこともあるそうな…)

 

f:id:misojo:20171224072406j:plain

座席案内の際に配られる当日のキャスト表です。
ミーハーな私のお目当てはオニール・八菜さんでした。
この一年の間に彼女の公演を一度観たかったのです♡夢が叶って嬉しかった!
彼女は二幕2場に登場する森の精の女王を演じていました。彼女のバリエーション、とっても美しかった。最後には会場からBravo!の声が上っていました。

バレエを全幕通して観劇するのも初めてだし、ストーリーもしっかり把握出来ていないまま勢いで行ってしまったのですがドン・キホーテに関しては内容も比較的明快だし喜劇の要素も強いので途中でクスクス笑えるシーンもあって終始楽しく観ることが出来ました。

 

f:id:misojo:20171224072450j:plain

f:id:misojo:20171224072458j:plain

カーテンコール。三幕のキトリとバジルのパドドゥも素晴らしかった!キトリ役のLéonore Baulac、バジル役のGermain Louvet、どうやらお二人とも今シーズンからエトワールに昇格したダンサーのようなのです。バジル役のダンサーは一幕で登場した瞬間からすごく華があって、ダイナミックなのにどこか気品もあってとにかく魅力的なダンサーでした!

キトリの三幕のフェッテは、初心者大興奮間違いなしでした笑
あっという間の三時間でした…♡

 

ちなみにチケットはネットで前日の夜中に取りました笑。
会員登録(無料)が必要ですが、モバイルチケットでの提示も可能なので印刷の必要もなくて予めダウンロードしておけば旅行なんかでネットが繋がらなくても提示出来るしチケットを忘れた!なんてこともないので安心です。

www.classictic.com

こちらは日本のパートナー企業のようです。サイトも日本語なので購入しやすいかと。

 

www.operadeparis.fr

こちらはオペラ座のオフィシャルサイト。
仏英語のみですが簡単なので辞書さえあれば購入出来ます笑
私はこちらで購入しました。座席表も見れますし、結構便利です。

 

2月からはロミオとジュリエットが始まるようです。うー、これも観たかった!