ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

アリとキリギリスの5泊6日イタリア旅行〜三日目〜

Buongiorno !

 

三日目はアマルフィ海岸観光+ナポリまでの移動日。

アマルフィは同名の映画を観たときからその絶景を忘れられず、いつか行きたい!とず〜っと願っていた場所でした。

映画『アマルフィ』ってご覧になったことあります?
タイトル通りロケ地としてアマルフィが使われているわけですが、急斜面に建つ色鮮やかな街並みと青い海のコントラストがとても印象的でした。
そのため、私はてっきりアマルフィにその景色があるんだと思っていました。
でもよくよく調べてみると、その景色はどうやらアマルフィという町ではなく、アマルフィ海岸にあるポジターノという町にあるらしい…。

でもアマルフィはやっぱり憧れの町だし…ということで当初アマルフィだけのつもりでしたが急遽ポジターノも弾丸で行くことにしました!

 

アマルフィ

アマルフィまではソレントからバスで一本。所要時間一時間半程でしょうか。
ソレントの駅前でバスのチケットを購入し、いざ出発!

f:id:misojo:20170906062242j:plain

f:id:misojo:20170906062313j:plain

半島の海沿いを走るので、バスからはこんな感じで終始ティレニア海が見えてます。すでに絶景!なんですが、運転は結構乱暴です笑。道幅も狭く、対向車が見えないのでカーブが来る度に運転手がクラクションを鳴らして警告するのですが、鳴らす割にはバスがスピードを落とさないので対向車とか来ようものなら毎回急ブレーキです。
特に恐ろしいのが同じくバスとすれ違うとき…!観光バスなので車幅も大きいですし本当にギリッギリの間隔でちょっとずつちょっとずつ進みます。
無事通り抜けた瞬間はバスの車内で拍手が起きました笑

そんなこんなで辿り着いたアマルフィはバスのロータリーから3分の距離にビーチが広がっていました。さすがリゾート地〜!

f:id:misojo:20170906061235j:plain

f:id:misojo:20170906061736j:plain

ビーチのすぐ上にはホテルが建ち並んでいます。色合いが可愛い^^

f:id:misojo:20170906061656j:plain

細い路地にはお土産屋さんがびっしり並んでいます。
こういうお店のすぐ上がアパートになっているのもヨーロッパらしい景色で可愛いですよね〜。そして勿論アマルフィ大聖堂にも行きました。

f:id:misojo:20170906061155j:plain

f:id:misojo:20170906061431j:plain
f:id:misojo:20170906061439j:plain

 大聖堂を見学したあとは大聖堂の真横にあるカフェ、アンドレアパンサへ!
五代も続く由緒あるカフェなんですよ〜^^

f:id:misojo:20170906061536j:plain

アマルフィの名物、レモンケーキ!

アンドレアパンサ(Andrea pansa)のレモンケーキも食べましたよ^^
テラス席がいっぱいだったのでテイクアウトして大聖堂前の階段に座って食べました。

アンドレア・パンサ (アマルフィ) の口コミ1,817件 - トリップアドバイザー

写真のケーキがべちゃっとしているのは食べる直前に私がケーキを落としかけ、手とパンツでキャッチしたからです…本当は綺麗なドーム型のケーキだったんですよ…
このケーキ、掌から溢れるくらいの大きさなんですが食べてみると生クリームの甘さとレモンクリームの爽やかさがちょうどよくてとっても美味しかった♡

ケーキを食べてフラフラしていたら偶然映画に映っていた建物にも遭遇。

f:id:misojo:20170915020838j:plain

f:id:misojo:20170915020934j:plain

小さなお家や教会に人や天使がたくさん。なんだったのかな、これ

ポジターノ

そして昼過ぎにアマルフィを後に、目指すはポジターノ
ポジターノはソレントとアマルフィの間にあるので、来たときと同じバスの復路で向かうことが出来ます。ただしバス停がとってもわかりにくいので注意!
私たちは降りるときに運転手に聞きました。
詳しくはこちらのサイトに書かれていたのでご参考ください〜

aprireweb.com

着いて道なりに歩くこと3分でこの景色!これですよ〜!これが見たかったの!!

f:id:misojo:20170915021808j:plain

f:id:misojo:20170915022928j:plain

 もうめちゃくちゃ綺麗!絵画の世界です。言葉もありませんでした。
お天気も最高で、海も青くて、 本当にこの旅No.1の絶景をこの目にしました。
最高ですよ、ポジターノアマルフィほど人も多くなくて、本当にのんびりバカンスを楽しむ人たちのための町という雰囲気がしました。
しかしリゾートというだけあって色々価格はお高め設定…。宿泊だけならアマルフィの方がリーズナブルなんだそうですよ。
ランチもこの眺めを見ながら食べられるリストランテでいただきました♡

ポジターノはご覧の通り急斜面に町が作られているのでバスが通れる大きな道路はこの上の写真三枚目の上部にちらっと見えているところ。
町へ降りるにはそこから階段か、ゆるい坂道を時間をかけて降りてくるという二択。
我々は後者でリストランテやお土産屋さんを覗きながらビーチまで降りて見ました。
写真で見るよりずっと広いビーチが広がっていました!

f:id:misojo:20170906062344j:plain

時間があれば泳ぎたかったなぁ〜。こんなところで泳げる機会、もう2度とないと思いますがナポリへの移動もなるので泣く泣く退散…!

 

ナポリ

さて、またバスでソレントまで戻り、ソレントからは来たときと同じくトレニタリア鉄道でナポリまで戻ります^^

ソレントは始発駅なので無事座ることが出来ました。ナポリまで約1時間。来たときと同じく西陽をガンガンに浴びながら列車に揺られます…本当に暑かった。

ナポリからはホテルまで地下鉄で移動です。券売機もあったのですが金額や買い方がわからなかったので窓口で購入しました。パリと似たようなシステムなのでしょうか?

三駅先まで買いましたが片道1.1€でした。トレド駅は周辺に歌劇場や卵城があるので人通りも多く、軍の警戒も強めでした。毎度のことながら移動で疲れ切っているのでこの日はホテルの近くのリストランテで済ませました。

多少ネットで調べてから行ったんですが、当たりのお店でしたよ^^
ナポリの郷土料理を作っているお店だったらしく、玉ねぎのジェノベーゼが美味しかったです♡

こちらの詳細はトリップノートの記事をご覧ください♡

tripnote.jp