ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

アリとキリギリスの5泊6日イタリア旅行 〜二日目〜

buon giorno!

二日目、朝から雲ひとつなく…あっつい!笑
ホテルでサクッと朝食と取り、8時半頃には出発です。この日はいよいよ…

カプリ島リベンジ!

はい、カプリ島リベンジの二日目です!雲ひとつない晴天、これは期待が高まります。港へ行くには下の通りを海までず〜っと降りていきます。この写真を撮影した橋のすぐ隣に階段があってそのまま下まで降りられます。道に降りてから港まで10分くらいでしょうか。石畳なのでちょっと歩きにくかったです。

 

f:id:misojo:20170906060515j:plain

港に着くと、各フェリー会社のチケット売り場があります。
会社によって時刻表も値段も違うので買う前にチェックしてくださいね。
乗り場も会社によってはチケット売り場によって違いますよ〜。
私たちは出発時間の5分前にチケットを買い、港から島の風景を撮りながら余裕ぶって歩いていたら乗り場が思ったより遠く慌てて200mくらいダッシュする羽目になりました笑 

f:id:misojo:20170907032506j:plain

船は上のテラスと下二階の室内に分かれていて好きなところに座れます。
行きはテラスに上がれることに気が付かなくて室内に乗っていたんですが…
失敗しました。酔った…

酔い止めも飲み、窓際の席も確保していたのですが、進行方向とは逆向きに座ってしまい…後ろ向きに並に揺られること約40分は厳しかった。
普段はバスとか電車とかは後ろ向きに座る方が好きなんですけどね〜

 

さて、いよいよ辿り着いたカプリ島
ここから青の洞窟へは海ルートと陸ルートに分かれて向かうことが出来ます〜。
前回訪れた時は海ルートで行きました。こちらはソレントやナポリからのフェリーが着くマリーナ・グランデから一回り小さな船に乗り換え、青の洞窟付近まで向かいます。
所要時間もバスより短いのですが、洞窟に入るにはさらに小舟に乗り換える必要がありますし小舟には一隻四名が限界なので待ち時間もかかります。
前回もアリと来たのですが、その時はこの待ち時間でアリが酔いまくってました笑。

ということで今回はお値段も安く、海沿いを走ってくれるということで陸ルートで向かうことに〜!
バスチケットもマリーナ・グランデのすぐ側で売っているのでわかりやすいですよ。

ちなみにバスは途中で乗り換えが必要。
マリーナグランデからアナカプリ、そしてアナカプリ〜青の洞窟(Grotta Azzura)。
バスの運転手さんは基本あんまり英語がわからないみたいですし、バス停も特に看板があるわけではないので注意が必要でした笑
人がたくさん降りたらアナカプリ!くらいのテンションでした^^;

f:id:misojo:20170908235644j:plain

こちらバスチケット。これで青の洞窟まで行けるのかと思ったらアナカプリ〜青の洞窟までのバス会社は別らしく、アナカプリで乗り換えようとしたらチケットを買い直せと言われました…!
侮り難し、観光産業…!笑

ちなみにバスですが、まぁ混んでます。私たちが利用したのは10時前でしたがそれでもバス停には人が20名ほど並び、小さなバスにぎゅうぎゅうと立ち乗りも含めて乗車します。クーラーがない中で真夏のバスは初日のナポリ〜ソレント間の列車を思い出す灼熱さでした…。ただバスの方が停車も少なくぐんぐん走るので涼しかったですかね〜。
マリーナグランデからアナカプリまでが30分ほどだったでしょうか。

f:id:misojo:20170909010715j:plain

窓から見れる景色もこのような。
海沿いの景色はどこで見ても心が和みますね〜。
行きは右側、帰りは左側の座席に座ると海側に近くなりますよ^^

 

そして辿り着いた青の洞窟!バス停からすぐに洞窟のすぐ横まで降りられる階段があります。

f:id:misojo:20170909011231j:plain

ほら、もうすぐそこに青の洞窟が〜〜〜!!

 

f:id:misojo:20170906060643j:plain

ふと沖を見渡すと、海ルートの順番待ちの船、船、船…!笑
ひとつ前の写真を見てもわかりますが、小舟でもさらに待ちますからね。
夏はシーズンということもあってかなりの観光客が押し寄せるため、海の上で1時間待ちなんていうこともざらにあるそう…。
陸ルートにしてよかったと心から思いました笑
私たちは階段で待つこと5分、海上での待ち時間も5分とサクサク〜っと入れてもらえました^^

f:id:misojo:20170906060406j:plain

青の洞窟の写真、まともなのこれしか撮れなかった…!

想像以上に暗かったです、なめてた!むしろスマホとかデジカメとかの方がお利口に補正が利いて綺麗に撮れたと思います。ど素人の一眼(しかも標準レンズ)では全く歯が立ちませんでした笑 ブレるブレる…

美しい写真はぜひこちら(Search: grotta azzurra | Flickr)で。
日本人が多いんでしょうね、船頭さんも片言で必要な日本語を話してくれます。
「右足から降りてー」「ゆっくりゆっくり」「頭下げてー」
洞窟の入場料やボート代なんかは全て船の上で支払います。
船頭さんへのチップは洞窟から出た後で渡しました。めっちゃ笑顔で「レッドでもいいけどブルーの紙幣(20€)だと嬉しい!」って言われましたが「高い!」言うて断りました。でも面白かったので5€あげました笑。
通常は1€くらいでいいそうですよ。

午前中に旅の目的を果たせてしまい、地上に戻ってきたのがちょうどお昼前だったのでアナカプリまで戻ってランチ。カプリとアナカプリがカプリ島での主要な町なんだそうですが、アナカプリは割と静かな雰囲気でした。

f:id:misojo:20170906060752j:plain

この教会の隣にあるリストランテでランチしたのですが、この教会、実は内装がとても綺麗だったようで…入っておけばよかった〜。

f:id:misojo:20170906060744j:plainこちらはまた別のリストランテの壁に描かれていたアート。
二股の人魚セイレーン、スターバックスのロゴを思い出しますね。
レモンのタイルを使った表札なんかもあって島の雰囲気を満喫できました^^

そして昼過ぎの便でソレントへ帰り、あまりの暑さに急遽ビーチに行くことに!笑
海外のビーチで泳ぐ機会なんてそうないですからね!
水着も持ってるわけもなく、近くにあるアパレルショップで投げ売りされていた5€の水着と2€のビーチサンダルを購入し、いざ海へ〜!

f:id:misojo:20170909013534j:plain

アラサーの姉妹二人できゃっきゃはしゃぎました。
だってこんなに海が青いんですもん。テンション上がるでしょ!
途中で現地の子供(推定14歳くらい)に完全に同い年くらいのテンションで声かけられたけど(アリがめちゃくちゃ童顔)そんなの気にしない!
だって目の前にこの海だもの〜。
でもどんなに若者に声をかけられても体はアラサー。
1時間くらい海にいたらもう疲れます。アリの唇は紫色。体力なさすぎる。
急遽決めたビーチ遊びもしっかり楽しんでシャワーを浴びにホテルへ。
18時くらいだったので時間的にもちょうどよかった^^

二日目はリサーチしていたDa Giginoへ。
ここのシャラティエッリ最高に美味しかったです。
トリップノートの記事に載せましたのでお写真はそちらでぜひ!

そしてお腹を満たした後はまたお土産をちらほら見つつ、こちらも調べていたジェラテリア momiでジェラートを頂きました^^
ピスタチオ、濃厚で美味しかったな。

 

海に入ったこともあってクタクタだったので、
ホテルに戻ると日付が変わる前には寝てました…笑
次回はアマルフィ〜!