ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

Dans la vie on ne regrette que ce qu'on n'a pas fait.

第一日曜日を満喫した話〜8月編〜

Bonjour !

8月に入りいよいよバカンス本番!ということでレストランやパン屋さんでもバカンス休暇の張り紙をよく見かけるようになりました。友人たちも帰省したり旅行に出掛けたりと遠出を楽しんでいるよう…楽しそう!と一人パリで寂しく爪を噛んでいます笑。

私のバカンス予定は8月下旬なのでまだまだ先…今は通常運転中です。とはいえ仕事もないので毎日暇を持て余しているわけですが。先日soldeで千と千尋の神隠しのDVDを10€で手に入れたので耳慣らしのために繰り返し見ています…笑

 

先日は8月の第一日曜日だったので月一恒例となりつつある美術館巡りに行ってきました。初めはロダン美術館に行くつもりだったのですが、何と第一日曜日なのに無料じゃない!なぜ!バカンス期間中だからとか関係あるのでしょうか?入館無料だから来たのにお金払って入るのは断固拒否!ということで残念ながらロダン美術館は諦めました。でも折角出て来たのにこのまま帰るのも勿体無いな、ということでそのままconcordeまで出てオランジュリー美術館に行くことにしました。またロダン美術館と同じように有料だったらどうしよう…とちょっぴり不安でしたが行ってみれば問題なく入館することが出来ました^^

美術館に着いたのは14時過ぎだったでしょうか。そこまで並ぶこともなく入館。オランジュリーは−2〜0階層になっていて0階(地上階)にモネの睡蓮の連作が展示されています。−1階はカフェとお土産ショップ、−2階が展示室となっています。オランジュリー美術館では蒐集家のpaul Guillaumeのコレクションの展示が主でした。モネ、セザンヌピカソシスレー等著名な画家の作品も多く、小さな美術館ながら素晴らしい作品群でした。個人的にはMaurice Utrilloの絵が見れたのが嬉しかった。特別展示でブリヂストン美術館の作品も展示されていました。

まさかここで日本企業のビッグネームを見ることになるとは思っていなかった。ブリヂストン、美術館なんて持っていたんですね…さすが世界に誇る大企業。初代の石橋正二郎という方が美術蒐集がお好きだったようで、日本人画家の描く西洋美術やモネたち印象派画家の作品も多数所蔵されていました。特別展示については説明も仏語、英語、日本語と記載されていたので仏語がわからなくても大丈夫でした。時々漢字が逆さまに記載されていたりしたけど笑。

でもやはり一番の目玉は睡蓮の連作ですよね!この部屋だけは人がすごかった…。第1室、第2室と2部屋に分けて展示されています。

以下は全て第1室の展示。

f:id:misojo:20170810234014j:plain

『緑の反映』

 

f:id:misojo:20170810234031j:plain

『雲』

f:id:misojo:20170810234035j:plain

『日没』

 

壁も床の天井も真っ白な部屋に優しい色使いが映えます。それぞれの作品がとても大きいので近づいて見るより少し遠目に眺める方が全体も見えてより美しいです。美術センス皆無な私には羨むことすらおこがましく感じてしまいます…。

オランジュリー美術館も、もともとはテュイルリー宮殿のオレンジ温室だったところをこのモネの作品を展示するために美術館に改築したのだそうです。

またこの他4枚の睡蓮が展示されていますが、そちらはぜひ直接足を運んで見てください^^

 

ちなみにオランジュリー美術館はルーブル同様、大きな荷物(リュックなど)は持ち込みが出来ません。入り口で預けるように言われますのでご注意を。