読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

Dans la vie on ne regrette que ce qu'on n'a pas fait.

生存報告。

お久しぶりです。

 

1月17日に日本を出国し、18日の朝に無事フランスに入国しました。

18日から31日まではパリ郊外にあるゲストハウスに住んでいて

2月1日から一人暮らしがスタートしました!

 

この二週間のことといえば・・・

・入国二日目にアパートの大家さんと内見

・ゲストハウスで出会った女友達とルーブル美術館見学

・入国五日目から語学学校がスタート

・仕事探し&面接

・クラス分けテスト

・ゲストハウスリビングで飲む(週3回)

・銀行口座開設

 

盛りだくさんでした。

今のところ大きな問題もなく、順調に日々暮らしていけております。

ゲストハウスでの生活も初めは「せまっ!汚い!人数多っ!」と驚きの連続でした。

(10畳ほどの部屋に二段ベッドが3つあり、満室でした)

さらには宿泊客が多いためリビングに布団を敷いて寝ている方まで…

ピーク時は25人くらい泊まっていたんじゃないだろうか。

ざっと数えた限りベッドで泊まれる人数は18人ほどなので5人強の人が床で寝ていたことに…

早めに女子部屋を予約していて本当に良かった!と思いました。

正直二週間早く過ぎて欲しい!と毎日思っていましたが(笑)、

唯一の長所はゲストハウスに宿泊している他のお客さんたちとの出会いでした。

バックパッカー、留学生、ワーホリ仲間、軍人さんに研究者etc...パリに来て、即アパートに住んでいたら絶対に会えなかった!

みんないろんな国を巡ってきてその宿にたどり着いて、毎晩みんなの話を聞きながら晩御飯食べてワイン飲んで…とても楽しい時間でした。

特にワーホリ仲間にたくさん会えたのは嬉しかったなぁ。

年齢が近い人も多くて刺激ももらったし、退去日も重なってて最後の日はみんなでディナーに行って(もちろん宿に帰ってさらに飲みました笑)、最終日の朝にはハグしてバイバイ

スタートから濃厚な二週間でした。

 

仕事探しや面接、銀行口座のことも後々ブログにしていきたいと思います。

取り急ぎ生存報告まで笑。

 

ではまた!