ミソジ女子、ギリホリパリ暮らし

30歳にして滑り込みでワーキングホリデービザを取得! はてさてどうなるフランス生活.

ビザ申請準備②〜長期ビザ申請書〜

Bonjour à tous !
いよいよ申請書類それぞれの内容について確認していきましょう。
今回はまず誰もがまず「うっ」となる長期ビザ申請書について。
何せ全文フランス語 or 英語!どちらも大して出来ない私ですが、
せっかくなら行く国の言葉で書こう!ということで私はフランス語で記入しました。
f:id:misojo:20170110235225j:plainこちら、ほとんど私が実際に記載した内容です。上から順番に行きましょうね。
1. 苗字
2. 旧姓(ないので空白)
3. 名前
4. 生年月日
5. 生まれた場所
6. 生まれた国
7. 国籍 
※Nationalité à la naissance si différente 
生まれた際と違う国籍だった場合に記入(同じなので空白)
8. 性別
9. 婚姻等の状況について
10. 未成年の場合:親権者もしくは法的後見人の姓名
 ・住所(申請者と異なる場合)・国籍
11. 身分証明カードの番号(持っていないので空白)
12. パスポートの種類(普通の場合はPassport ordinaire)
13. 旅券番号
14. パスポート発行日 
15. パスポート有効期限
16. パスポート発行期間 
※14〜16はパスポートの個人情報欄に記載されています。
17. 現住所(例なので大使館の住所を記載しています)
18. メールアドレス(同上で大使館のアドレスです)
  実際はgmailのアカウントアドレスを記載しました。
19. 電話番号(同上)実際は携帯番号を記載しました。
20. 現在の国籍と異なる国に居住している場合(同じなので空白)
21. 職業(学生の場合はétudiant(e))
22. 会社または学校の住所・電話番号・メールアドレス(例は大阪駅の住所を記載しました)
  実際は大阪支店勤務だったので支店の住所、支店の代表番号、会社HPからの問い合わせする際の
  メールアドレスを記載しました。
23. ビザの種類(ワーホリの場合は例の通り記入して下さい)
24. フランスでの雇用先や語学学校の住所・電話番号・メールアドレス
  私の場合は学校しか決めていなかったので学校の情報を記載しました。
25. フランスでの滞在先住所      申請時点ではアパートが決まっていなかったので
  最初に宿泊するホステルの住所を記載しました。 例に記載したのは泊まることの出来ないだろう高級ホテルです笑
 
f:id:misojo:20170110235232j:plain26. フランスまたはシェンゲン加盟国入国日
  私の場合、2017年1月17日関空発〜イスタンブール経由〜1月18日CDG空港着なので2017年1月18日。
    ※経由便でシェンゲン加盟国に入国する際もそちらが入国日となります。
 シェンゲン加盟国については大使館HPをご確認下さい。
27. フランス滞在期間
   ワーホリビザは1年間有効なので6ヶ月〜1年の枠にチェック。
28. 家族が同行する場合(いないのでNon)
  いる場合は関係・氏名・生年月日・国籍を記載
29. フランス滞在中の費用
   大体の人が貯金かと…。あと働くのでそれも記入しました。
  奨学金を受けるかどうか(受けないのでNon)受ける場合は機関と金額を記載
30. フランス滞在中の保証人の有無(いないのでNon)
   いる場合は氏名・国籍・住所・メールアドレス・電話番号
31. フランスに居住している家族の有無(いないのでNon)
   いる場合は氏名・国籍・関係性・住所・メールアドレス・電話番号を記載
32. 過去に3ヶ月以上フランスに滞在したことがあるか(ないのでNon)
   ある場合は日付と目的、滞在先住所を記載
 
最後にLieu de dateとSignature署名場所が大使館なのでTokyoと書きました。
西暦はいらないとの情報もあるようですが私は不安なので書きました。
また署名欄についてはパスポートに記載しているものと同じ署名ですのでお間違いなく!
長期ビザ申請書は全文フランス語 or 英語ですが、
あなたがパスポートの署名欄に漢字で記載している場合はここのみ漢字で記載をして下さい!
というような形で、まぁ動機作文の次に時間を費やした書類でした笑。
みなさんの事情それぞれで記載内容も違うと思いますのでこちらはあくまで記入例として参考にして下さい。不安な点は大使館に直接問い合わせて聞いてみるのが一番ですよ。
 
次回は②証明写真と③パスポートについて書きます!それではまた次回。